寅さんを求めて五島列島を巡る旅

寅さんを求めて五島列島を巡る旅

 またまた贅沢な旅をしてしまった。なんと福江と上五島に行ってしまった。本当はもっと贅沢して、ユーミンの瞳を閉じての碑やこのHPを書いている段階では世界遺産になるかもしれないという愛らしい江上天主堂がある奈留島にも行ってみたかったのですが、それはまた生きていたらの機会にとっておきました。
とりあえず寅さんという目的があるからこそ無理をしてまで重い腰を上げられるのです。


飛行機でひとっ飛び

福江
頭ヶ島大橋が見えた

 五島列島は、長崎か佐世保から船で行くのがより最果ての旅という感じがして寅さん気分に浸れるというものですが、あたしは福岡から飛行機でひとっ飛びで行ってしまった。
台風が過ぎた後を狙って行ったのですが、ちと北風が強い旅となりました。
飛行機から景色を見ていると、上五島空港が見えて、横に赤い頭ヶ島大橋が見えていました。この大橋の近くの頭ヶ島教会や坂本龍馬の像も見に行く予定にしています。

 飛行機は福江空港の上空を通過してから着陸態勢に入りました。
その関係で、今日行く予定にしている大瀬崎の方も見えました。

福江
堂崎天主堂があるところ
福江
航空局のレーダーと大瀬崎
福江
大瀬崎と玉之浦
福江
福江空港に到着です

 無事に福江空港に着きました。
福江島は火山でできた島です。空港の東南にある鬼岳なんて、わかりやすい噴火口が残ってるフジツボ形です。のんびり火山巡りもしてみたいところですが、福江市内の寅さんロケ地を巡って、玉之浦に向かって出発です。

福江
常灯鼻に寄りました
福江
対岸から常灯鼻
福江
幕末に建てられた石田城(福江城)


断崖絶壁を見ながら

 玉之浦へ行くなら福江島のど真ん中を西へ向かうのが早いのですが、敢えて南の断崖沿いの道で西へ向かいました。

福江
二子瀬と断崖
福江
航空局のレーダー
福江
キューピー島?

 キューピー島とも呼ばれる津多羅島です。よいこの無人島生活が行われたり鉄也さんの映画のロケが行われたりもしました。 島の左から伸びる岩は、串本の橋杭岩に似ています。

福江
津多羅島
福江
空港方面の断崖
福江
遠くに三角の番所山
福江
玉之浦湾です

 国道を離れて玉之浦湾に入ってきました。
内海になっていますので、静かな湾内です。
昔は塩が作られたという玉之浦

福江
立谷教会跡地

 大瀬崎に向かって走っていますと、立谷教会跡地の看板を見つけました。五島最古の天主堂があった教会とのことです。
さらに進むと井持浦教会がありました。五島で最初のレンガ建築による教会堂です。

福江
井持浦天主堂
福江
井持浦のルルド
福江
後ろから


大瀬崎に着きました

福江
航空局のレーダー施設

 最近の原付バイクがこんなに快調だとは。大瀬崎の坂道もなんのそのです。
東シナ海側の眼下に大瀬崎の灯台があり、反対側の東には航空局のレーダー施設が見えています。音もせず、見えもせずですが、この上を上海行きの飛行機が飛んでいるのです。

福江
大瀬崎園地
福江
断崖に建つ大瀬崎灯台
福江
東の断崖絶壁


いよいよ寅さんロケ地の玉之浦です

福江
玉之浦港

 お尻が痛くなるかなと心配しながらここまで来ましたが、原付バイクの性能なのでしょうか、全然大丈夫でした。
寅さんロケ地でバシバシ写真を撮るのです。

福江
郵便局の方向
福江
レトロな路地
福江
金比羅神社へ上がる
福江
上がってみたものの
福江
見晴らしはない
福江
玉ノ浦教会
福江
対岸から玉ノ浦教会
福江
ロケ地に来たけれど北風で
福江
海が荒れて、もう精一杯


玉之浦から

 今日の寅さん巡りを終えて、玉之浦から福江市内に戻ります。
復路は島の北側の海岸線を走って戻ることにしました。

福江
玉之浦を離れて
福江
七ッ岳の麓を過ぎて
福江
日本の渚百選 高浜
福江
観音へ向かう途中から高浜
福江
弁慶岬のような観音様
福江
嵯峨ノ島が見えている


教会巡り

 西の海沿いが終わって、北の海沿いの道を走ります。
復路は教会巡りをしながら戻ります。

福江
水の浦教会
福江
海を望む白亜の教会
福江
レンガだけど屋根は瓦の楠原教会

福江
堂崎教会が見えてきました

 時間があったので、堂崎教会も巡ってみました。

福江
煉瓦造りの堂崎教会
福江
東の海
福江
海側が表玄関