寅さんを求めて童謡の里 龍野を巡る旅

寅さんを求めて童謡の里 龍野を巡る旅

 龍野には何度か行っています。特に日本三大そうめんの揖保乃糸が有名で、そうめんの里にも寄ったりしています。
龍野が寅さんのロケ地だったのを知ったのはここ最近のことです。二年前にもロケ地巡りをしたのですが、もう一度行ってみようと思い、正月明けに行ってみました。
龍野のロケ地は範囲が広く、城下町のところも結構歩きます。歩き疲れてもう帰ろうかなという気になることも多々あります。
これまで写真の整理が追いつかなかったのですが、ようやく過去の写真を交えてupしました。



まずは、冒頭の夢から覚める港

龍野
岩見の港

 最初は寅さんが夢から覚めて、魚釣りをしていた港。関西弁の子供に「おっちゃん!引いてるで!」と言われて起きるところ。
 岩見の港への道は狭いので、てくてく歩いて港まで行き、元気な寅さんがいたんだなぁと思いながらロケ地を眺めました。
 近くに道の駅みつがあります。この道の駅沿いの国道250号の道は、海沿いを走るので気持ちのよい道です。



大先生が寅さんに会うところ

 柴又で大先生と色々あって、その後大先生が龍野に行った時に偶然寅さんと会うのが、揖西町の田園風景あたり。
太地喜和子さんとスチール写真を撮ったところも田んぼの中。

龍野
佐江弘法大師堂
龍野
鉄塔があるのが的場山
龍野
山陽本線の竜野駅


揖保川の河川敷を歩く

龍野
出初式の準備してました

 龍野新大橋から北の龍野橋、さらに北の歩道橋の旭橋あたりも寅さんロケ地なのでうろうろしてきました。

龍野
関西人おなじみのヒガシマル醤油
龍野
案内標識もトンボ
龍野
旭橋と鶏籠山


播磨の小京都と呼ばれる城下町へ

 旭橋を渡って、龍野城があるところへ参ります。
白壁の道や醤油工場など昔の町並みが残っています。カネヰ醤油のところには、醤油・もろみの自販機があります。
如来寺の横を流れる浦川沿いは、醤油蔵があったりして情緒あふれるところで、散策するのにお気に入りのいいところです。

龍野
善竜寺への道
龍野
かどめふれあい館
龍野
龍野醤油資料館別館
龍野
カネヰ醤油
龍野
カネヰ醤油の白壁土蔵
龍野
如来寺の裏から
龍野
ヒガシマル醤油と如来寺
龍野
うすくち龍野醤油資料館
龍野
うすくち龍野醤油資料館
龍野
浦川沿い振り返る
龍野
交番の前


観光駐車場から城下町へ

龍野
観光駐車場から赤とんぼ荘

 川沿いのコンビニの隣に観光駐車場がありますので、今日もそこに停めて散策です。
最初は、赤とんぼ荘が見える丘の下のヒガシマル醤油第二工場あたり。
ヒガシマル醤油第二工場は、もう創業していないのかすっかり寂しい感じです。 ここも寅さんロケ地で、近くには、ラストで東京どっちだと言っていたところもあります。
犬に吠えられます。

龍野
大先生と寅さんが帰る道
龍野
ヒガシマル第二工場
龍野
街道の町並み
龍野
東京どっちだのところ
龍野
マンホールのトンボ
龍野
側溝のトンボ