寅さんの好きなセリフ

 寅さんシリーズは48作もあって、そのたびに旅先でいろんなことがある。そんな寅さんが言うセリフにはグッとくるものがたくさんあります。
そのなかでも私好みのセリフを独断で紹介しましょう。



ほら見な、あんな雲になりてえんだよ

 第9作「男はつらいよ 柴又慕情」から
 北陸で歌子さんたちとの楽しい旅が終わり、そして恋に破れ、また寅さんが旅に出ようとする時に、柴又駅のホームではなくて江戸川の堤防に寝転がって言った言葉。

 さくら「じゃぁ、どうして旅に出てっちゃうの?」
 寅さん「ほら見な、あんな雲になりてえんだよっ」

と、さくらさんに言った旅人寅さんならではの言葉。

こんな格好いいことを言っておきながら、
 寅さん「あ~っ、またふられたか」
と心の声がダダ漏れのおちゃめな寅さん。



じゃぁ、また夢の続きを見るとするか

 第41作「男はつらいよ 寅次郎心の旅路」から
 遠くウィーンにまで旅に出て、マドンナとの楽しい時を過ごした寅さんが、とらやの茶の間に帰ってきて、いつものとらやの日常を見て言った言葉。
同じ場面で寅さんは、「地球中どこ行ったって同じでしょうそりゃぁ」なんて名文句も言っている。

お気に入りのカット
思い出のバス停

 夢といえば、別の25作では夢に関する名文句がいくつもある。
寅さんの心の声が出てしまった「あーあ・・・夢か・・・」
とか、さくらさんの「夢から覚めたからって、幸せとは限らないもんねお兄ちゃんは」
とか、寅さんの「俺はおめえ、リリーの夢を見てたのよ」
とか寅さんの夢の名文句ばかり。



風に当たると疲れちゃうから

菅浦をパークウェイから
菅浦をパークウェイから

 第47作「男はつらいよ 拝啓車寅次郎様」から
 琵琶湖湖畔でこけて怪我をしたかたせさんとの宿屋での会話。

 寅さん 「風に吹かれて歩いているうちにみんな忘れちまったよ」
 典子さん「そういえば寅さん、風が吹くように現れたわねぇ」
 寅さん 「そうお。俺はね風にはこう逆らわないようにしてるんだよ、風に当たると疲れちゃうから」
 典子さん「うふふふ、おかしな人ね寅さんて」

風に抵抗するのも嫌な寅さんならではの言葉だねぇ。



忘れるってのは、本当にいいことだな

通天閣
通天閣

 第27作「男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎」から
 瀬戸内のとびしま海道の島で松阪さんと出会い、その後大阪で松阪さんと再会する寅さん。
大阪なんてだいっ嫌いなはずの寅さんなのに、再会した二人は、生駒の宝山寺を楽しく参拝したりする。
小さい時に別れた松阪さんの弟を探しに行った日の夜に、新世界の宿で松阪さんと語らったときの寅さんの言葉。
 寅さん「そらぁ今は悲しいだろうけどさ、ね、月日が経ちゃあ、どんどん忘れていくもんなんだよ。忘れるってのは、本当にいいことだなっ」



つまりさ、アブクみたいなもんだね

 第11作「男はつらいよ 寅次郎忘れな草」から
 網走でリリーと出会い、旅人同士の二人の会話から。

 リリー「あたし達みたいな生活ってさ、普通の人とは違うのよね。それもいいほうに違うんじゃなくて、なんてのかなぁ、あってもなくてもどうでもいいみたいな・・・つまりさ、アブクみたいなもんだね」

と旅人リリーが言ったセリフ。
寅さんも「言って見りゃぁ、リリーもオレと同じ旅人さぁ」 と、リリーがとらやから帰ったあとで言っていますので、 寅さんもリリーを旅人と認めているのです。
そんな旅人寅さんの気になるセリフは別のページで紹介します。



いま幸せかい

お気に入りのカット
津和野のバス停から

 第13作「男はつらいよ 寅次郎恋やつれ」から
 津和野のバス停で歌子さんと別れる時に寅さんが尋ねた言葉。

 寅さん「歌子ちゃん。いま幸せかい」
 歌子 「ぇぇ」
 寅さん「なにか困ったことないかね」
 歌子 「ぃぃぇ」

寅さん50作目のポスターにもある言葉。



 他にも12作で寅さんがとらやに帰ってきて言った言葉、
 寅さん「長旅をしてきた人は、優しく迎えて やらなきゃなぁ」
も好きな言葉です。
とらやにはいつも優しく迎えてくれる人が待っているのです。
12作だけじゃなくて、4作や8作でも語られています。

 他には 「そんな人生もあるのねぇ。あした何をするか、明日になんなきゃ決まらないなんて。いいだろうなぁ」
31作で佐渡の沢崎鼻灯台付近を散歩しながら都はるみさんが言った言葉。
とか、
「あぁ、生まれてきて良かったなって思う事が、何べんかあるじゃない。ねっ、そんために人間生きてんじゃないのか?」
39作のラス前の柴又駅で、満男の「人間は、何のために生きてんのかな?」という問いかけに答えた言葉。

お気に入りのカット
伊勢

 でも寅さんは、ラストの伊勢で
「お前な、人間は何のために生きてるんだ?」
とポンシュウに問いかけています。満男に答えたものの本当は寅さんも不安だったのかも。