寅さんロケ地 最終48作 男はつらいよ 寅次郎紅の花

寅さんロケ地 最終48作

 BSの寅さんをみていましたが、義理の父が寅さん全48作を購入しまして、たまに借りてみています。中国地方へ来て、寅さんのロケ地があちこちにあるのを知りました。その後地元近畿や中部にまで行動範囲を広げて、寅さんスタンプラリーをしています。

男はつらいよもいよいよ最終話です。色々なところを紹介してくれた寅さんの旅も終わってしまいます。最後は地元の人の念願かなって中国勝山に美作が冒頭のロケ地になり、津山では泉ちゃんが結婚式をします。いつものオールスターの関さんに笹野さんも出ています。
そして大トリのマドンナは、同じ役名で4度目の出演となったリリーの登場です。

第48作 男はつらいよ 寅次郎紅の花

寅さん48作
美作滝尾駅舎

 寅さん最終話は、長いシリーズで一番の恋友達のリリーです。ファンも待ちこがれたリリーさんが4度目の登場となりました。
 最終話の冒頭は夢から始まりません。熱心に誘致活動をされた津山の美作滝尾駅と勝山が冒頭シーンを飾っています。岡山県に多数ある町並み保存地区のうちの津山と勝山の2ヶ所でロケが行われています。
 最初はJR因美線美作滝尾(みまさかたきお)駅の駅舎の全景から。阪神大震災のあった神戸にいた寅さんを心配して、倍賞さんは新聞に尋ね人広告を出した。駅の人がその新聞を読んでいるところへ寅さんと関さんが勝山までの切符を買いに現れる。
電車を待っている寅さんはトンボ取りをして逃げられたところでいつものオープニング曲が流れる。

寅さん48作
寅さんは勝山までの切符を買う
寅さん48作
美作滝尾駅の改札
寅さん48作
美作滝尾駅 ホーム


 出演者のテロップが流れる中、電車は鉄橋を越えて寅さんたちは勝山の町並み保存地区へ降り立ちます。
寅さんと関さんは、二人で御前酒蔵元辻本店の試飲コーナーのお酒を飲んで、酔っ払って神橋の上を歩きます

寅さん48作
勝山町並み保存地区
寅さん48作
辻本店の中
寅さん48作
酔っ払って神橋の上を歩く


 場面は変わって津山の祭りのシーンになり、だんじりが通る前で寅さんたちはバイをしています。
なんと火の見櫓の前で消化器を売っている。
酔っぱらった関さんは、火の見櫓の前の石柱にもたれ掛けて寝ていたのを寅さんに起こされてバイをする。 まつりのだんじりが、橋の上を通過している絵でオープニングは終わるという作州のいいところ盛りだくさんの冒頭でした。

寅さん48作
町並み保存地区を走るだんじり
寅さん48作
火の見櫓の石柱
寅さん48作
橋の上をだんじりが通る


旅先の寅さん

 旅先から柴又に電話するのは、目の前に桜島が見える両棒(じゃんぼ)餅のお店から。

寅さん48作
桜島が映って
寅さん48作
右へパンして
寅さん48作
寅さんが柴又へ電話
寅さん48作
関さんがいた
寅さん48作
店内には寅さんのロケ写真
寅さん48作
色が飛んでしまっている
寅さん48作
関さんがいた
寅さん48作
これがジャンボ餅
寅さん48作
中川家の全景
寅さん48作
桜島と両棒餅のパノラマ


泉ちゃんの結婚式を妨害する吉岡君

寅さん48作
国際ホテルで準備するゴクミ

 話はすすんで、ここ津山でゴクミは結婚式をあげますが、なんと笹野さんと花嫁姿のゴクミが乗った車を吉岡君の車が妨害します。
なんてことでしょう。

寅さん48作
ゴクミの車が上がってくる
寅さん48作
笹野さんが誘導する
寅さん48作
吉岡君が突っ込む


第48作 男はつらいよ 寅次郎紅の花 リベンジ

 ひな祭りの頃にもう一度勝山なんかに行ってみた。ちゃんと調べてから寅さんリベンジだよ。

御机
いつもの太鼓堂
御机
鉄橋をくぐって
御机
御机にも寄ってから


滝尾
自転車が駅舎に向かって走る

 映画と同じ流れで並べてみた。
冒頭は、JR因美線 美作滝尾駅の全景から。
いつも車が止まっていてうまく全景が撮れない。
今回行くと駅前の家が更地になって工事をしていた。映画では左にトイレの煙突が映っているけど、もうその家もない。

滝尾
木造の古い駅舎
滝尾
お弁当を持って駅舎に入る
滝尾
新聞を読んでるセンリさん
滝尾
寅さんの尋ね人記事を話題にしてると寅さんと関さん現れる
滝尾
寅さんは勝山までの切符を2枚買う
滝尾
トンボが逃げたところでいつものタイトル音楽

 駅舎には寅さんの記念写真などがいっぱいあります。

滝尾
駅舎の前の寅さんロケ記念碑
滝尾
ロケパネル。トンボを取るシーンもある
滝尾
寅さんの顔出しが奥の方にひっそりとある


勝山でロケ

電車が鉄橋を通って勝山駅に向かうというシーン。中国勝山駅の西にある鉄橋を、滝尾駅方向へ走っている。

勝山町並み保存地区の旭川の絵のところで満男君のテロップ。
辻本店で試飲をする二人。
私が行った時は、丁度ひな祭りの頃で、本当に店内で試飲をしていました。

勝山
1.2%勾配標のところを電車が通過する
勝山
赤い鉄橋だったらよかったんだけど。勝山駅の近くの鉄橋
勝山
水量が多くて川の中に入れなかった
勝山
御前酒 辻本店
勝山
町並み保存地区の風景
勝山
辻本店の試飲コーナー
勝山
試飲を終えて出てくる二人
勝山
関さんが酔っ払って歩いた神橋
勝山
丁度ひな祭りの頃に訪れました


津山の祭り

津山
関さんがもたれて寝ていた石柱

津山の祭りのシーン。だんじりが通過する後ろには、フジカラーとかの看板がありますが、今はもうその家もない。
だんじりが通過した後、関さんが居眠りしているところに寅さんが現れる。
寅さんがバイをしていたところには、ロケ記念碑がある。

津山
バイをする寅さんの後ろにはしご
津山
寅さんがバイしてるところへ消防団
津山
橋の上をだんじりが通過する


本編の津山で

最初は朝もやの津山市街地のカット。神南備山展望台あたりからだと思うけど、少し位置が違っている。

 泉ちゃんが結婚することになり、津山で結婚式が進められる。
 泉ちゃんの結婚式が始まる前に田舎のしきたりを進めていく。

津山
神南備山展望台からの津山市街
津山
津山国際ホテルで着付けする泉ちゃん
津山
笹野さんと城壁沿いを走るタクシー
津山
津山城の城壁をバックに笹野さんが説明する
津山
タクシーの外にこんな看板も写る
津山
同じところを何度も走っている
津山
旦那になる人の立派な実家
津山
写真撮影してた
津山
結婚式に向かうためまたタクシーに乗る
津山
運転手さんたのむで今日は。と言う笹野さん
津山
花嫁さんの車はバックしたらいかん。と説明する笹野さん


満男くん現れる

津山
鴨川みたいな飛び石で宮川を渡ってみた

タクシーが狭い道を進む。
前回は満男君の車が向かう方向と同じように歩いたけど、今回は、泉ちゃんのタクシーが進む方向と同じ道を歩いてみた。

津山
狭い道を走るタクシー
津山
狭い道を前から向かってくる車に気づく
津山
タクシーを止めて車から出る笹野さん
津山
足を滑らして溝に落ちる笹野さん
津山
下がってくれと手を挙げて誘導する笹野さん
津山
無視してなぎ倒しながら突き進みタクシーをバックさせてしまう


こんなことがあって結婚式は中止になりました。
傷心の満男君はかけろ島でリリーと会うのでした。