寅さんロケ地 第43作 男はつらいよ 寅次郎の休日

寅さんロケ地 第43作

 BSの寅さんをみていましたが、義理の父が寅さん全48作を購入しまして、たまに借りてみています。中国地方へ来て、寅さんのロケ地があちこちにあるのを知りました。その後地元近畿や中部にまで行動範囲を広げて、寅さんスタンプラリーをしています。

寅さん第43作は大分県の日田市です。寺尾さんは17作の龍野にも出ています。
今回もゴクミを追いかけて大分まで行く吉岡くん。そしてばったりと寅さんに出会う。

色々な寅さんビックサイトを参考に私もあちこち見て回っています。
寅さんと同じように反省の日々を過ごしておりますのよ。


第43作 男はつらいよ 寅次郎の休日

 寅さん第43作は、寅さんに吉岡くんにゴクミが大分日田まで行きます。
ラストは亀都起神社でバイをする寅さん。

夢から覚めたら小鹿田焼きの窯元

日田
寅さんが目を覚ます窯元

 寅さんが麻呂になって、夢から覚めると唐臼の音。
オープニングのロケ地まで行きましたけど、いつものように映画のような写真は撮れませんでした。
さらに間違えて隣の窯元の写真を撮っていました。アンポンタンなあたし。帰って見返すとガックシでした。

日田
水が流れ落ちる音
日田
天日干しの間を抜けて行く
日田
唐臼が映り

 馬溪橋が映っていつものオープニング。
馬溪橋は、耶馬三橋と呼ばれる石橋の一つ。あとの二つは、耶馬渓橋(オランダ橋)、羅漢寺橋。
足を伸ばして寄ってみました。

日田
欄干が新しい馬溪橋
日田
これはオランダ橋
日田
そして羅漢寺橋
日田
石橋を渡る寅さん
日田
なんとなく人見さん
日田
沈下橋を歩く寅さん
日田
人見さんのお家?
日田
特徴のある樋桶山
日田
曲がり寄棟造りでしょうか
日田
寅さんは旅の空
日田
電話してたのはここではない

 寅さんから満男くんを案ずる電話がかかってくる。



日田に向かう寅さんたち

 泉ちゃんが乗る新幹線に満男くんが飛び乗り九州へ。
それを追いかけて寅さんもママと寝台特急で九州へ。
こりゃ九州でドタバタの予感。

 先に日田についた満男くんと泉ちゃんは、泉ちゃんのお父さんに会いに行く。

日田
日田祇園祭りのお囃子が聞こえる
日田
堰の流れ
日田
豆田の町並み
日田
祇園祭りの山鉾が映り
日田
泉ちゃんは三隅川の河川敷
日田
満男くんが尋ねている
日田
泉ちゃんに走り寄る
日田
お祭りで仕事休みなんだって
日田
歩いてそんなに遠くないから
日田
なんて言えばいいんだろう
日田
言わなきゃ
日田
草野本家の前を歩く二人

 泉ちゃんのお父さんがいる薬局に向かう。

日田
草野本家は修理中でした
日田
薬屋の前に着く
日田
ふたば薬局。あれだ
日田
自転車がやってくる
日田
お父さんと再会する
日田
パパに会いに来たの