寅さんロケ地 第39作 男はつらいよ 寅次郎物の吉野

寅さんロケ地 第39作の吉野

 BSの寅さんをみていましたが、義理の父が寅さん全48作を購入しまして、たまに借りてみています。中国地方へ来て、寅さんのロケ地があちこちにあるのを知りました。その後地元近畿や中部にまで行動範囲を広げて、寅さんスタンプラリーをしています。

寅さん第39作のロケ地は近畿のフォッサマグナを西から東へ旅する寅さんです。
秀吉の母を探しに大阪から和歌浦へ行き、奈良吉野にいるらしいという情報を得て行ってみると、秋吉さんといい感じになります。

色々な寅さんビックサイトを参考に私もあちこち見て回っています。
寅さんと同じように反省の日々を過ごしておりますのよ。

第39作 男はつらいよ 寅次郎物語

 奈良吉野では、化粧品のセールスを終えた秋吉さんが軽自動車に乗って吉野の旅館に着くシーンから始まります。

 桜の名所の吉野は、桜のシーズンに行くと混むので、奥千本の桜も散った頃に行ってみました。
それもとても朝早くに。朝早く行くと花矢倉展望台へも車でスイスイっと行けますしね。



吉野の最初は秋吉さんの説明から

 吉野の最初は、化粧品屋さんで、お肌の水分を測ってみますね。なんて言いながら実演販売をする秋吉さんが映る。

吉野
吉野川から
吉野
なんとなく吉野川の流れ
吉野
本善寺から白い橋
吉野
下渕商店街
吉野
左へパンして化粧品屋さん
吉野
西中商会も映っていた


仕事を終えて吉野の旅館へ

 化粧品屋さんの仕事を終えて、吉野の旅館へ向かう秋吉さんが映る。

吉野
秋吉さんの軽が向かってきて
吉野
白い橋を渡る
吉野
吉野駅への道を上る
吉野
黒門から上がってきて
吉野
銅の鳥居の横を通る
吉野
軽自動車が旅館に着く
吉野
秋吉さんが入ってくる
吉野
すぐに寅さんが入ってくる
吉野
夜になって


笹野さんのお宿に泊まって

吉野
朝の旅館前

 秋吉さんも寅さんたちもこの日は、笹野さんが主人をするお宿に泊まることに。
秀吉の具合が悪くなったけど、翌朝には回復して。

吉野
自販機で買う
吉野
如意輪寺の朝
吉野
向きが違う


とらやからお宿に電話すると

 さくらが旅館に電話する。
予告編の、「父さんと呼ぶ旅の女(ひと)を 『母さん』と呼び返したりして」
なんてことが電話越しに聞こえてくるので、さくらはびっくり。

吉野
なんとなく
吉野
金峯山寺
吉野
仁王門は修理中
吉野
寅さん
吉野
甘いもん食べるぅ
吉野
ありがとう
吉野
そっかまだ名前も聞いてなかった
吉野
阿形仁王さん
吉野
あたし淡路島で
吉野
四国やら関西やら
吉野
山伏とすれ違う
吉野
蔵王堂で


蔵王堂で身の上話

 金峯山寺の蔵王堂でお参りしたあとで、寅さんに身の上話をする秋吉さん。

吉野
何を拝んでたんだい
吉野
そういえば礼も言ってなかったな
吉野
本当言うとね父さん
吉野
そんなこと思ってたの
吉野
死ぬなんてこと
吉野
そうね
吉野
見つめる寅さん
吉野
もしあいつが来てたら
吉野
そういうもんかねぇ
吉野
神様仏様
吉野
おれもね女断ちますから
吉野
笑い合う二人
吉野
遠くから二人
吉野
仲睦まじい二人
吉野
あー良かった
吉野
ありがとうよ
吉野
立ち上がる寅さん
吉野
笹野さん登場
吉野
ぼうやが目ぇ覚まして
吉野
葛湯作るって
吉野
それからねぇ
吉野
なんだい
吉野
伊勢志摩の志摩に


大和上市駅で

 もう一泊して、翌日は大和上市駅で別れのシーン。

吉野
なんとなく
吉野
大和上市駅
吉野
バイバーイ
吉野
トンネルに吸い込まれる
吉野
トンネルを見つめる秋吉さん
吉野
改札を出て
吉野
タクシー乗り場の軽自動車
吉野
駅前から過ぎ去る軽自動車