寅さんロケ地 第37作 男はつらいよ 幸福の青い鳥

寅さんロケ地 第37作

 BSの寅さんをみていましたが、義理の父が寅さん全48作を購入しまして、たまに借りてみています。中国地方へ来て、寅さんのロケ地があちこちにあるのを知りました。その後地元近畿や中部にまで行動範囲を広げて、寅さんスタンプラリーをしています。

寅さん第37作は、萩から下関に行き、船で関門海峡を渡って、筑豊まで旅をするロードムービーです。
色々な寅さんビックサイトを参考に私もあちこち見て回っています。
寅さんと同じように反省の日々を過ごしておりますのよ。

第37作 男はつらいよ 幸福の青い鳥

 寅さん第37作は長渕剛さんに志保美悦子さんです。お二人はこれがご縁でゴールインです。不思議なものですね。
 寅の夢からのオープニングは萩城址から始まります。萩時代祭のシーンがあり、時代祭りの行列が平安橋にさしかかります。寅さんは平安橋のたもとで靴のバイをしています。
祭りが終わって寅さんたちは片付けて夕方の光の中を関敬六さんと次の場所へ移動します。
平安橋は、萩城三の丸の3つの総門(北・中・平安古)の一つ、平安古総門の外堀に架けられた石橋です。萩城三の丸から城下町へ通じる道路にある石橋。大変短い橋ですが玄武岩の立派な造りの石橋です。寅さんは橋が好きです。

寅さんの萩
萩城址から始まる
寅さんの萩
こんなカットもある
寅さんの萩
時代祭の行列が歩いていたのと似たような道
寅さんの萩
平安橋正面
寅さんの萩
橋の上を時代祭のカット
寅さんの萩
寅さんのバイは橋のたもと
寅さんの萩
2tは昔と同じ バイの場所
寅さんの萩
電柱の影にポスト
寅さんの萩
関さんと歩いていた道


柴又に電話する

下関
お前誰だ

 寅さんが旅先から電話するのは長府の忌宮神社から。
とらやで電話を受けたのは美保純さんでした。

下関
ポストは自販機の影
下関
バスがバックしてる
下関
長州だよ。ちょうしゅう


赤間神宮でバイ

赤間神宮
赤間神宮

 忌宮神社から電話をしたあとは、下関の赤間神宮で鳥の笛のバイです。
この笛は、田川伊田駅の別れで志穂美さんにプレゼントするのです。

下関
関門海峡
下関
赤間神宮は木が茂って見えない
下関
鳥の笛を吹く寅さん
下関
背伸びする寅さん
下関
絶対当たるよぉ
下関
関さんに近づく寅さん
下関
さぁてこれからどこ行くか
下関
ピィピィピィ
下関
南の方角に素晴らしい出会いが
下関
じゃぁ江戸はどっちになるんだ
下関
九州かぁ
下関
夜の火の山公園


門司港で

 南の方角に素晴らしい出会いが待っていると最新式コンピューター占いがいうので、船で関門海峡を渡って、九州の門司港に着く。

寅さん37作
船が門司港に着く
寅さん37作
なんとなく
寅さん37作
寅さんが降りてくる
寅さん37作
仏舎利?
寅さん37作
おい九州
寅さん37作
お風呂のおならだ


健さんもいた

 赤間神宮の前は、「あなたへ」で高倉健さんがいました。

下関
手紙を読んでいた
下関
健さんがいた
寅さん37作
門司港

門司にも健さんがいた

寅さん37作
健さんがいた

 寅さんと同じように門司港にも健さんがいました。

寅さん37作
門司区役所
寅さん37作
門司区役所の中
寅さん37作
三国さんの息子さんも



ついでに門司港駅の写真

 

寅さん37作
区役所から
寅さん37作
門司港駅
寅さん37作
門司港駅のホーム
寅さん37作
トイレ
寅さん37作
九州鉄道記念館