寅さんロケ地 第34作 男はつらいよ 寅次郎真実一路 鹿児島

寅さんロケ地 第34作 鹿児島

 BSの寅さんをみていましたが、義理の父が寅さん全48作を購入しまして、たまに借りてみています。中国地方へ来て、寅さんのロケ地があちこちにあるのを知りました。その後地元近畿や中部にまで行動範囲を広げて、寅さんスタンプラリーをしています。

・寅さん第34作は鹿児島県の薩摩半島をうろうろします。


色々な寅さんビックサイトを参考に私もあちこち見て回っています。
寅さんと同じように反省の日々を過ごしておりますのよ。

第34作 男はつらいよ 寅次郎真実一路

 寅さん第34作のマドンナは、二度目の登場の大原麗子さん。米倉さんの人妻です。
証券マンの米倉さんは、仕事に疲れて失踪してしまう。
なんと寅さんは、人妻の大原さんと鹿児島へ探しに行くのでした。

夢からさめるのは薩摩湖の湖畔

寅さん34作
オープニングの薩摩湖

 オープニングは、ガオーガオーというゴジラの声で夢から覚めて座敷からひっくり返る。
夢から醒めたら薩摩湖の湖畔。

寅さん34作
あーあ
寅さん34作
おーい寅。おめぇ乗るのか乗らねえのか
寅さん34作
お客さんお守り忘れたよぉ
寅さん34作
薩摩湖のパノラマ

たそがれる米倉さん

寅さん34作
丸木浜をふらつく米倉さん
寅さん34作
丸木浜の海岸

 仕事に疲れて失踪して、丸木浜をヨレヨレの格好でふらつきながら歩く米倉さん。


大原さんと鹿児島へ

 失踪した米倉さんを探しに大原さんと鹿児島へ行く寅さん。
JAS機が鹿児島空港に降り立つ。

寅さん34作
なんとなく
寅さん34作
映画では桜島の空撮
寅さん34作
映画ではJAS機が着陸する
寅さん34作
着陸
寅さん34作
JASカラーがいた
寅さん34作
高千穂峰は見えなかった

鹿児島市内で聞き込み

 鹿児島に降り立った寅さんたちは、鹿児島駅や市電で聞き込みをする。

寅さん34作
桜島には雲がかかっていた
寅さん34作
どうしたの
寅さん34作
同じ屋根が残っていた
寅さん34作
市電に乗る
寅さん34作
市電が動く
寅さん34作
ともかく実家の方へ行ってみるわ
寅さん34作
寅さんが聞き込みしてる
寅さん34作
写真を見せている
寅さん34作
南日本銀行本店

南九州へ

寅さん34作
もっと後ろからかな

 二人は米倉さんの実家に行くため指宿枕崎線に乗って枕崎に向かう。
 開聞岳の麓の指宿枕崎線をディーゼル車が走る。

指宿枕崎線というと、日本最南端の駅の西大山駅が有名だと思うのですが、映画では大山駅の西のカーブで開聞岳を入れて撮影していました。
あたしも撮りに行ったのですが、撮影ポイントが違っているし、開聞岳には雲がかかっているしで、相変わらず詰めが甘いです。

寅さん34作
こんな感じもいいかも
寅さん34作
晴れてる開聞岳
寅さん34作
車窓から開聞岳が見えていた

枕崎駅に着く

 枕崎駅に着いてタクシーで実家に向かう。

 枕崎駅の駅舎はすっかりモダンな建物に変わっていました。
タクシーに乗って橋をくぐりますが、この橋は、JR石垣駅の東の橋梁と国道226号です。
川のシーンはどこだか分かりませんでしたし、その後の白壁の建物は、枕崎の薩摩酒造明治蔵かなとお土産を買うついでに行ったのですが、違うようです。お店の人にさぁーと言われました。

寅さん34作
今の枕崎駅の駅舎
寅さん34作
県道234号を南下する
寅さん34作
国道からタクシー
寅さん34作
上へパンして
寅さん34作
投網のつもり
寅さん34作
なんとなく
寅さん34作
明治蔵でなんとなく
寅さん34作
なんとなく
寅さん34作
なんとなく
寅さん34作
なんとなく
寅さん34作
なんとなく
寅さん34作
なんとなく