寅さんロケ地 第33作~35作 男はつらいよ 寅次郎恋愛塾

寅さんロケ地 第33作~35作

 BSの寅さんをみていましたが、義理の父が寅さん全48作を購入しまして、たまに借りてみています。中国地方へ来て、寅さんのロケ地があちこちにあるのを知りました。その後地元近畿や中部にまで行動範囲を広げて、寅さんスタンプラリーをしています。

寅さん第35作のロケ地は、釧路に最後は養老牛温泉。第35作のロケ地の一つは長野の上田市。

色々な寅さんビックサイトを参考に私もあちこち見て回っています。
寅さんと同じように反省の日々を過ごしておりますのよ。

第33作 男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎

夜霧にむせぶ寅次郎
寅さんも浜ちゃんも
夜霧にむせぶ寅次郎
ラストの中標津

 寅さん第33作のマドンナは、中原理恵さん。渡瀬恒彦さんとの関係を寅さんがいい感じにしたと思ったのに。
最後は養老牛温泉でどたばた。



第34作 男はつらいよ 寅次郎真実一路

 寅さん第34作のマドンナは、二度目の登場の大原麗子さん。米倉さんの人妻です。
証券マンの米倉さんは、仕事に疲れて失踪してしまう。
なんと寅さんは、人妻の大原さんと鹿児島へ探しに行くのでした。
そんな鹿児島ロケ地は別ページで紹介します。



第35作 男はつらいよ 寅次郎恋愛塾

塩田平
舞田駅で起こされる

 寅さん第35作のマドンナは、樋口可南子さん。
冒頭の夢から覚めるのは上田電鉄別所線舞田駅。
行商のおばさんに電車が来ると起こされる。別所温泉の方から電車が来る。
電車が止まって、いつものタイトルと音楽

塩田平
行商のおばさんと
塩田平
電車が来る
塩田平
寝起きで背伸びする寅さん
塩田平
おばさんが荷物を背負う
塩田平
電車に乗る
塩田平
上田に向かう電車


千曲川の堤防を歩く寅さん

 寅さんが歩く堤防は、上田大橋の西側の近く。堤防の道沿いにお地蔵さんがある。ググルストでも確認できる。

塩田平
千曲川の堤防
塩田平
お地蔵さんの前を通過する


海野宿を歩く寅さん

 長野県東御市の海野宿を歩く寅さん。
映画の頃よりかなり整備されて白壁もきれいになっていました。
海野宿の隣の白鳥神社には、木曽義仲挙兵の地の看板がありました。白鳥神社前の白鳥河原で挙兵したと書いてあった。へぇー

海野
海野宿の風景
海野
宿の街道を歩く寅さん
海野
海野宿の風景
海野
海野宿の風景
海野
白鳥神社宿


黒槐(くろえんじゅ)の木の近く

 黒槐の木のところで座って水田を眺めている寅さん。お坊さんに出会い一緒に歩く寅さん。といったシーンは黒槐の木のところと思い込んでいたのですが、どうも山の形も似ているようで違う。水田も違う。おかしいなと思いつつ、適に写真を撮って帰ると、やっぱり違ってました。ググルストで見ても違っているのが分かった。帰ってから調べるともっと西の県道422と166が交差する近くにある諏訪神社の所でした。
もっと調べてから行けばよかったのですが、後の祭り。遠くてもう行くこともないでしょうね。がっくり
そんなに真面目なフリークでもなので、こんなもんです。
雰囲気だけの写真を添付

塩田平
黒槐の木がある風景
塩田平
黒槐の木
塩田平
黒槐の木
塩田平
寅さんが座っていたつもり
塩田平
少し高いところから黒槐の木


上五島でポンシュウが

上五島
関さんがおばあさんをおぶっていた
上五島
予告編の景色

 オープニングが終わって満男くんが将来について語っているとき、寅さんが電話をしてくる。
今は長崎にいて、五島をうろうろすると言う。
そんな上五島ロケは別ページで紹介します。
上の写真は予告編で出てきていた新上五島町奈摩郷の景色。