寅さんロケ地 第29作 男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋の京都伊根

寅さんロケ地 第29作の 京都伊根

 BSの寅さんをみていましたが、義理の父が寅さん全48作を購入しまして、たまに借りてみています。中国地方へ来て、寅さんのロケ地があちこちにあるのを知りました。その後地元近畿や中部にまで行動範囲を広げて、寅さんスタンプラリーをしています。

 寅さん第29作はいしだあゆみさんが、かがりさんという役で出演しています。信州、京都、伊根、鎌倉に彦根がロケ地です。
 加納さん家からふるさとの丹後伊根へ去ったかがりさんの様子を見に伊根まで向かう寅さん。

色々な寅さんビックサイトを参考に私もあちこち見て回っています。
寅さんと同じように反省の日々を過ごしておりますのよ。

第29作 男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋

 伊根は船宿が有名ですが、丹後地方はちりめんも有名です。映画では、かがりさんのふるさと伊根でも機織りの音が響いていました。
 30年ほど前に宮津に住んでいました。その当時は宮津でもちりめんの機織りの音が聞こえていました。与謝野郡あたりを通過すると、どこからか機織りの音が響いていたものです。
そんな丹後へ、由良川沿いに下って宮津を経由して行ってきました。
最初は、予告編で映る由良川の河口から。

伊根
由良川の河口
伊根
由良川を列車が通過する
伊根
本編では栗田湾が映る

寅さんが伊根にやってくる

 かがりさんの様子を見に、寅さんは遠回りして間人(たいざ)から経ヶ岬を巡ってやってくる。

伊根
ついでに経ヶ岬の灯台
伊根
蒲入展望台から
伊根
伊根漁港に入ってくるバス

 伊根の舟屋が度々映るのですが、そのなかで舟屋のバックに法面をコンクリで固めたところがよく映ります。
この風景と同じように撮りたいのですが、今は観光客が増えて海まで立ち入りが難しくなっていますので、映画と同じようには撮れませんでした。

伊根
崖にコンクリ壁面と舟屋
伊根
道の駅から
伊根
お土産のパッケージ

伊根
丹海バスが着く

 丹海バスに揺られて、寅さんが伊根にやってきます。

伊根
寅さんが降りる
伊根
おばあさんに道を尋ねる
伊根
港の細い道を歩いていく
伊根
舟屋の船
伊根
歩く寅さん
伊根
機織りを覗く
伊根
ようやくかがりさん家
伊根
かがりさんを呼びに行く
伊根
なんとなく
伊根
豊岡からバス乗り継いで
伊根
でもまあ よかったよ
伊根
悲しげな調べ
伊根
かがりさんのテーマ
伊根
詳しく聞いたわけじゃねぇけどさ
伊根
誰を恨むってわけにゃ
伊根
漁師の娘だからな
伊根
最終便の船が出る
伊根
おいっ、船頭さん!

かがりさん家に泊まる寅さん

伊根
翌朝

 船がなくなったのでかがりさんの家に泊まることになった寅さん。
緊迫の一夜を過ごすのであった。

伊根
スズメの声
伊根
船の発着場が映る
伊根
船が待っている
伊根
船乗場の二人
伊根
出港する船
伊根
見送るかがりさん
伊根
見つめる寅さん
伊根
船着き場にいるかがりさん
伊根
まだ見ている寅さん

ラス前で伊根のかがりさんが映る

伊根
これが浦嶋神社

 鎌倉の成就院でかがりさんと待ち合わせした寅さん。
満男くんを伴って、江ノ島の江ノ島亭で食事をする。
満男くんはなぜだか亀を買い、亀から浦島太郎の話になる。
 例によってなんの進展もないまま、別れてしまう二人。
ラス前でかがりさんから手紙が届く。

伊根
今は夏休みで
伊根
民宿の手伝いに駆り出され
伊根
漁港のかがりさん
伊根
風はどっちに向かって吹いていますか
伊根
どれもこれもずれて撮っている
伊根
予告編のラストカット