寅さんロケ地 第29作 男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋

寅さんロケ地 第29作

 BSの寅さんをみていましたが、義理の父が寅さん全48作を購入しまして、たまに借りてみています。中国地方へ来て、寅さんのロケ地があちこちにあるのを知りました。その後地元近畿や中部にまで行動範囲を広げて、寅さんスタンプラリーをしています。

・ 寅さん第29作はいしだあゆみさんが、かがりさんという役で出演しています。信州、京都、伊根、鎌倉に彦根がロケ地です。
29作のロケ地は盛りだくさんです。

色々な寅さんビックサイトを参考に私もあちこち見て回っています。
寅さんと同じように反省の日々を過ごしておりますのよ。

第29作 男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋

 冒頭の夢があってオープニングは信州の木崎湖。湖畔の踏切を電車が通過して湖へパンして遠くの桟橋に寅さんがいるという風景
道路と踏切と湖が近いので、きっと海ノ口駅の南の方でロケしたに違いないとうろうろ。
でも帰ってから見てみると、寅さんが桟橋の上にいる絵のバックの山は、木崎湖の南の山。ということは、踏切は海ノ口駅の北の方だったんじゃない?桟橋もかなり北だったに違いない。そんなことも知らずに稲尾駅の方までうろうろしてしまった。リベンジしたいけど遠いなぁ。

信州
似たところの踏切
信州
なんちゃって湖畔
信州
パンをして
信州
この方向は合っているみたい
信州
寅さんが立っていた桟橋の背景の山


 場面は木崎湖温泉の星湖亭になる。寅さんがさくらに葉書を書いているシーンになるけど、寅さんの背景を見る限り、このシーンでは星湖亭より少し北でロケしてたみたい。

信州
星湖亭の前
信州
ベンチに座る
信州
葉書を書く
信州
桟橋のおじさんに字を教えてもらう
信州
にこやかなやりとり
信州
最後は白馬の大出吊橋


京都の葵祭

 京都葵祭でバイをした後、鼻緒を直した縁で陶芸家の加納さんと知り合いになる。上賀茂の神馬堂のお餅をごちそうしたら、加納さんからもごちそうになり、加納さんのおうちに泊まることに。  葵祭はこちら。

京
四条の鴨川 夏は川床がある
京
加納さん家の設定 河井寛次郎記念館
京
逆から河井寛次郎記念館
伊根湾
伊根湾

加納さんのおうちに泊まり、翌日かがりさんと出会う。
でもかがりさんは訳あって丹後の伊根に帰ってしまった。寅さんはかがりさんに会いに船宿で有名な伊根まで行くのでした。
かがりさんと出会い、伊根で一泊して翌日寅さんは宮津行きの船に乗ってかがりさんと分かれるのでした。

 伊根は昔から狭い漁港で、すぐに山が迫ってきているので住居と船のガレージが一緒になった船宿ができたのです。
最近は丘の上に道の駅ができて、道の駅から伊根の展望を楽しめますが、船宿の辺りまでは歩いていくのも遠く、また船宿あたりに車を止める良いところもないので、思うようにロケ写真は撮れませんでした。

伊根湾
伊根湾の向こうは宮津
船宿
伊根湾の船宿
船宿
船宿の近くから


鎌倉で

 寅さんは恋煩いとなってとらやに帰ってくる。
そんな寅のもとにかがりさんがやってきて、日曜日に鎌倉のあじさい寺(成就院)で会いましょうと手紙を置いて帰る。
日曜日の朝、不安になった寅さんは急遽吉岡君を無理矢理連れて鎌倉へ向かうのです。
鎌倉では、鶴岡八幡宮から江ノ電に乗って極楽寺で降りて、成就院へ向かうのでした。
あじさいの咲く成就院で、約束どおりかがりさんと出会う寅さんと吉岡君。吉岡君は北の国からではお母さんだった石田さんと会うことになる。
お昼を食べて江ノ電に乗って江ノ島へ行く。江ノ島では仲見世通りのお土産やさんで寅さんが、だんごなんか買うなよ腐るほどあるんだからと言いながら通る。江ノ島亭まで行って夕ご飯を食べて、閉店までいていつものように何の進展もなく二人は別れるのでした。
とらやに帰ってすぐさま寅さんは旅に出かけたのでした。

鎌倉
鎌倉到着
鎌倉
北鎌倉円覚寺の前
鶴岡八幡宮
吉岡君と鶴岡八幡宮 二鳥居
成就院
成就院の参道をあがる
成就院
映画ではあじさいが満開
江ノ電
江ノ電と江ノ島
江ノ島
江ノ島仲見世通
江ノ島亭
江ノ島亭で夕食
江ノ島亭
夕闇せまる座敷で


ラストは彦根城

 ラストは加納さんが彦根の旧池田屋敷長屋門から出てくるところから。
加納さんが表門に向かって歩くと、寅さんを発見する。寅さんは表門の前でバイをしているのでした。
寅さんと加納さんは連れ立って彦根市内へ向かって歩き出し、彦根市内の遠景で終わるのです。

彦根城
彦根といえばひこにゃん
彦根城
旧池田屋敷長屋門
彦根城
お堀と長屋門
彦根城
長屋門の前でパノラマ
彦根城
こんなシーンもあった
彦根城
あのお堀沿いの道を歩いていた
彦根城
表門で寅さんと会う


 また寅さんだけの目的で彦根に行ってしまった。