寅さんロケ地 第17作 男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け

寅さんロケ地 第17作

 BSの寅さんをみていましたが、義理の父が寅さん全48作を購入しまして、たまに借りてみています。中国地方へ来て、寅さんのロケ地があちこちにあるのを知りました。その後地元近畿や中部にまで行動範囲を広げて、寅さんスタンプラリーをしています。

寅さん第17作のロケ地は夕焼け小焼けの龍野。太地喜和子さんが芸者の役で、ぼたんという名で出演しています。

色々な寅さんビックサイトを参考に私もあちこち見て回っています。
寅さんと同じように反省の日々を過ごしておりますのよ。


第17作 男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け その2

 第17作は、童謡「赤とんぼ」の作詩者『三木露風』の生家がある兵庫県たつの市が舞台で、地方ロケは龍野だけという珍しい回なのです。また宇野重吉さんと寺尾聰さんの親子共演もあります。
 柴又で宇野重吉画伯のお世話をして、どたばたがあって旅に出る寅さん。
旅先のたつの市でばったりと宇野重吉さんに再会する。それからまたドタバタとして、ぼたんとも出会う。
梅玉旅館に泊まって宴会する寅さん。翌日は市役所の車で市内見物。揖保川に架かる橋のたもとで鶏籠山を眺めたり、聚遠亭を訪ねたり。
一旦寅さんは龍野を後にするけどラストでまた龍野のぼたんに会いに行く。
ラストは、ぼたんに「東京どっちだ」と詰めより、宇野重吉さんにお礼を言うのでした。


その頃宇野重吉さんは

 寅さんが市内観光している頃、大先生は一人で龍野市内を散策する。

龍野
小学校で
龍野
こっちの方がよく見える
龍野
郷土文学資料館の前
龍野
旧脇坂屋敷跡
龍野
赤とんぼの碑の横


夕焼け小焼け

 夕焼けの龍野の風景。

龍野
龍野新大橋
龍野
龍野橋
龍野
なんとなく
龍野
なんとなく
龍野
子供が遊んでいる
龍野
もっと後ろからでした


龍野を離れる寅さん達

 この日も宴会があって、翌日に龍野を離れます。

龍野
梅玉の前であくびする寺尾さん
龍野
梅玉から出てくる寅さん
龍野
寅さ~ん。ぺぺぺぺん
龍野
よぉっ
龍野
ぼたんがかけて来る
龍野
いずれそのうち世帯持とうな
龍野
ほんま
龍野
当てにせんと待っとくからねぇ~
龍野
車は梅玉を離れる
龍野
なかなか気っ風のいい子だねぇ
龍野
はいーっ
龍野
重吉さんが気付く
龍野
岡田さんが見送り
龍野
過ぎ去る
龍野
会釈する重吉さん
龍野
離れる
龍野
見送る岡田さん
龍野
手を振る岡田さん


ラストで再び龍野に現れる寅さん

龍野
鶏籠山と揖保川

   柴又にぼたんが現れて、色々あって、ラストは龍野に現れる寅さん。

龍野
龍野大橋を渡る寅
龍野
キャンデーを買う
龍野
橋を渡り
龍野
路地に至る
龍野
昔の路地はこんな感じ?
龍野
ぼたんが出てくる
龍野
ぼたんの背中をツンツン
龍野
よっ
龍野
お前さんと世帯を持とうと

東京どっちだ

 ぼたんの家に引き込まれ、重吉さんのぼたんの絵を見せられてびっくりの寅さん。
知らぬ間に絵を送っていた大先生に手を合わせるのでした。

龍野
こんな路地を通って
龍野
道路に出てくる
龍野
こんな感じ
龍野
路地にはロケ記念
龍野
おい東京どっちだ
龍野
こっちやろか
龍野
やっぱりこっちや
龍野
先生!勘弁してくれよ
龍野
手を合わせる寅
龍野
東京こっちやったねぇ
龍野
東京こっちやて
龍野
どっちなんだよぉ
龍野
終わり