寅さんロケ地 第12作 男はつらいよ 私の寅さん

寅さんロケ地 第12作 男はつらいよ 私の寅さん


翌日は阿蘇を巡る

阿蘇
黄色に色づく頃に行ってみようかしら
阿蘇
下城の大イチョウ
 

 翌日もバスに乗って、杖立温泉から下城の大イチョウの横を通って、阿蘇へ向かいます。

阿蘇
大観峰から涅槃像
 

 阿蘇では涅槃像の五岳のうちの膝に当たる杵島岳と烏帽子岳が映ります。
バスの後ろには九重連山の久住山と稲星山が映ります。
これはてっきり21作と同じ大観峰の入り口あたりでのロケに違いないと思い、天気のいい日に行ってみたのです。
でも家に帰って見てみると、山の見え方が違ってました。
どうも九重連山の南のやまなみハイウェイあたりで撮影されたみたいです。

阿蘇
大観峰への道を入れると
阿蘇
杵島岳と烏帽子岳をアップにすると
阿蘇
右に米塚も見えている
阿蘇
久住山と稲星山をアップにすると
阿蘇
大観峰から九重連山
 

 次に、大観峰から九重連山の久住山と稲星山方向を見てみます。
やはりどうも違います。

阿蘇
やまなみから久住山と稲星山
阿蘇
やまなみから杵島岳と烏帽子岳
 

 そこで、やまなみハイウェイで適当に撮った写真を見てみると、なんとなく合っているような写真がありました。

やまなみハイウェイを走っていると、面白い動物の植木が一杯あるところがあります。
33°03'29.8"N 131°10'40.1"E あたりのトウモロコシやさんがあるあたりです。
ここから九重連山を見ると、おばちゃんの後ろに映っていた九重連山と近い感じで見えます。
そしてバスが阿蘇五岳に向かうシーンは、バスが下っていますので、瀬ノ本高原あたりではないかなと思ってます。
天気が良くても瀬の本高原から阿蘇五岳が見えるのは、月に1回あるかといった感じですので、映画のように撮れるかは運ですね。

阿蘇
あれ浅間山だってさぁ
阿蘇
あっそう
阿蘇
これは長者原から三俣山と星生山

草千里から栃ノ木温泉

 

 次は草千里に寄って、栃ノ木温泉で一泊です。
鮎返ノ滝の前で魚釣りをする吟さん。

 地震の影響で近寄れません。

阿蘇
草千里から中岳
阿蘇
鮎返ノ滝
阿蘇
旅館
阿蘇
草千里のパノラマ

旅行の最後は熊本城

 

 寅さんの機嫌がどんどん悪くなるなか熊本城の前で疲れてしまいます。

熊本城も地震の影響で近づけませんでした。

熊本
通町筋駅あたりを通る
熊本
行幸坂は通行止
熊本
加藤清正公像


ラストは中岳火口でバイ

 

 ラストは中岳火口でバイをする寅さん。
ロケ地へ行ってみたいところですが、中岳火口は立入禁止でした。

熊本
中岳火口を望む
熊本
フジツボの米塚
熊本
米塚の南側も通行止めでした