寅さんロケ地 第10作 男はつらいよ 寅次郎夢枕~11作

寅さんロケ地 第10作~11作

 BSの寅さんをみていましたが、義理の父が寅さん全48作を購入しまして、たまに借りてみています。中国地方へ来て、寅さんのロケ地があちこちにあるのを知りました。その後地元近畿や中部にまで行動範囲を広げて、寅さんスタンプラリーをしています。

寅さん第10作の八千草さんがあって、11作でリリー初登場です。
色々な寅さんビックサイトを参考に私もあちこち見て回っています。
寅さんと同じように反省の日々を過ごしておりますのよ。



第10作 男はつらいよ 寅次郎夢枕

 冒頭は中央本線日出塩駅で夢から覚める。
映画では、駅の待合室で寝ている寅さんの後ろの窓越しに、貨物の汽車が近づいて目が覚める寅さん。でも今は木造の待合室は無くなっていた。木造は反対側のホームにあるのみ。

信州
木曽 日出塩駅
信州
汽車が近づいてくる
信州
ちょうど電車が通過
信州
反対側のホームには木造の建屋
信州
日出塩駅


甲州の北杜で

北杜
甲斐駒と摩利支天

 柴又で色々あって旅に出る寅。信州の甲斐駒がみえるところを寂しく旅をする。
お墓は分かりませんでしたが、あたりはブドウ畑が広がり、甲斐駒に八ヶ岳が広がるいいところでした。

北杜
こちらに向かって歩いてくる
北杜
大根のバックに金ヶ岳
北杜
お墓のバックは甲斐駒から鋸岳
北杜
ブドウ畑に地蔵ヶ岳から甲斐駒
北杜
八ヶ岳の編笠山から赤岳
北杜
寅を見送る。バックは赤岳
小海
ぶどう畑から甲斐駒ケ岳方向のパノラマ


奈良井で

 木曽の奈良井宿は3作でもでてくる。
奈良井駅前のかぎや旅館で秋野さんと出会い一緒にバイをしに旅に出る。
下の写真のように神社の前でバイをしたりした後で、二人はかぎや旅館に泊まるのですが、翌朝起きると寅さんだけ出て行った後で、かぎやから兄貴と叫ぶ秋野さん。

信州
ロケ時は、かぎや旅館だった
信州
かぎやから駅を見る登


二人で北杜を

北杜
蔵の前を二人で

 二人で蔵の前を歩いて、清水橋を渡ります。
清水橋を上から撮りたいのですが、木が茂って見晴らしがありません。
唐土神社でバイをして、今日も奈良井駅前のかぎや旅館に泊まります。しかしずいぶん遠いね。
 翌朝起きると、寅さんは一人旅立っていました。

北杜
清水橋をあの山から撮りたい
北杜
でもこれが精一杯
北杜
バス停があったところ
北杜
大内バス停から
北杜
唐戸神社
北杜
ガードレールができた

ラストも二人で北杜を

 柴又で色々あって、ラストは北杜のお店から。
秋野さんとお酒を飲みながら柴又での出来事を話すのでした。
お店を出て、清水橋を渡る二人。

北杜
お正月
北杜
きのこそばと八ヶ岳
北杜
店から出てくる寅さん
北杜
寅さんを追いかける
北杜
二人で橋を渡る
北杜
清水橋


第11作 男はつらいよ 寅次郎忘れな草

 リリーさんこと浅丘さんが初登場した作品。
寅さんとリリーは網走で運命の出会いをするのです。

網走へ行ったことはありますが、行った当時は寅さんのロケ地を意識して旅をしていないので、ロケ地写真はありません。残念!

網走
網走の近くで
網走
原生花園から斜里岳
網走
清里の牛さん