西国三十三ヶ所巡り

西国三十三ヶ所巡り

西国三十三霊場納経帖
西国三十三霊場納経帖

 関西出身なので、四国のお遍路さんではなく、西国三十三ヶ所巡りというのがあるのは知っていました。
母も三十三ヶ所巡りをしていましたので知ってはいましたが、興味もなく、ふと訪れた中山寺とかに西国三十三ヶ所第二四番とかの看板があっても気にも留めていませんでした。
不思議なことに年をとると、休みにあちこち行くにしても目的もなくふらふらしていても記憶にもとまらないので、スタンプラリー気分で西国三十三ヶ所巡りをすることにしました。
西国三十三ヶ所の地図の載った案内本も買い、西国三十三霊場納経帖も求めました。
三十三ヶ所巡りは寅さんロケ地とセットで出かけたり、何かのついでに寄った近くのお寺で三十三ヶ所巡りをしたりしています。納経帖を持って行かなくても紙に書いてくれます。

そんなこんなで少しずつ三十三ヶ所巡りをしていますので、一番から順番に巡っているわけではありません。



第 四 番 槇尾山 施福寺

施福寺
第四番 槇尾山 施福寺のご朱印

 行満上人によって開かれた施福寺。
 三十三ヶ所巡りのなかでも一番きついのがここ施福寺。
阪和道岸和田和泉ICで降りて、槇尾山 施福寺へ向かいます。駐車場について、ゆっくり息切れしないように上がっていって、本堂まで30分ほどかかりました。
本堂では、ご本尊の十一面千手観世音菩薩が開帳されていましたので、拝見させて頂きました。

御詠歌は、深山路や檜原松原わけゆけば槇の尾寺に駒ぞいさめる

施福寺
駐車場から歩き始める
施福寺
仁王門に着きました
施福寺
急な石段の後もこんなところを上がって行きます
施福寺
弘法大師御剃髪所跡が見えてきました
施福寺
また急な石段を上がり
施福寺
本堂に到着です
施福寺
本堂の正面から
施福寺
第四番 槇尾山 施福寺
施福寺
第四番 槇尾山 施福寺


第 五 番 紫雲山 葛井寺

藤井寺
第五番 紫雲山 葛井寺のご朱印

すっかり住宅地のなかにある葛井寺(ふじいでら)。間違えてバス駐車場に入れてしまったけど、駐車場の場所を聞いて、お寺の南側にあるパーキング駐車場へ向かった。道は狭い。お参りした日は、参道でバザーが行われていた。
御本尊は千手千眼観世音菩薩坐像で三観音のひとつ。

御詠歌は、参るより 頼みをかくる 葛井寺 花のうてなに 紫の雲

藤井寺
吽形
藤井寺
山門
藤井寺
境内
藤井寺
本堂
藤井寺
山門


第 六 番 壺阪山 南法華寺

壺阪寺
第六番壺阪山南法華寺(壺阪寺)のご朱印

弁基上人によって開かれた壺阪寺。
眼病に効く仏様の壺阪寺なのでリアルな眼鏡の形をしたお参りの場所があります。
またインド的な顔立ちの仏像が色々あります。

御詠歌は、岩をたて水をたたえて壷阪の庭の砂も浄土なるらん

壺阪寺
壺阪寺駐車場から
壺阪寺
壺阪寺入口の仁王門
壺阪寺
大釈迦如来石像
壺阪寺
多宝塔から三重塔
壺阪寺
三重塔
壺阪寺
慈眼堂の眼鏡
壺阪寺
礼堂の前のまよけばし
壺阪寺
観音様の手 実物より小さい
壺阪寺
涅槃像
壺阪寺
観音様からの景色
壺阪寺
壺阪寺の全景
壺阪寺
大釈迦如来石像